会社沿革

1947年 1月 江戸末期に当時玉名では珍しい商品を「かずかず」売っていたことから「かずや」という名が付く。荒木行雄が合資会社かずや建具店を創設。
1971年 1月 荒木康雄(現 合資会社かずや不動産)が社長に就任。 建具、ガラス、アルミサッシ、建材の販売等、サッシ関連の事業を開始。
1983年 1月 不動産取引業の開始。
1986年 1月 建築業の開始。
1989年 1月 宅地の販売を開始。
1992年 1月 競売市場より中古住宅を購入し、全面リフォームを施し、販売を開始する。
1998年 1月 合資会社かずや実業が合資会社かずや不動産へ社名変更。 株式会社かずやハウジングを創設。 合資会社かずや不動産専務の荒木達雄が社長に就任。
1998年 1月 創設年、競売の年間成約件数が40件を達成。社員教育に力を入れる。 競売事業の拡大。(九州一円)
2001年 1月 熊本市大江に熊本店を開設。一般買取事業を推進する。
2002年 1月 合資会社かずや不動産と株式会社かずやハウジングを実質的に分社する。
2003年 1月 福岡県大牟田市中友に大牟田店を開設。国土交通大臣免許の取得。
2004年 1月 売上24億6千万円を達成。 年間買取取得件数200件突破 新築建売事業を推進する。
2006年 1月 新築建売事業の拡大。(福岡・佐賀)
2008年 1月 荒尾・玉名地区での建売建築20棟突破、地域密着の拡充 。